水の環境を保全・改善する次世代クリーンシップ

水面浮遊物回収船

新コンセプト 特許取得 環境保全・改善

水面浮遊物回収船とは?
従来の方法では回収が困難であった油流出事故による浮遊油や発生初期の赤潮、アオコ等の水面浮遊物や一般の大小の浮遊ゴミ等を、特許(特許登録番号:特許第4455207号)を取得した技術により確実且つ簡単に回収できる、実用技研の生み出した水の環境保全・改善に必要不可欠な次世代のクリーンシップです。
自然の原理を応用したシステムにより、船自体の大きさに関係なく設計・建造・作業運転が可能です。
今までは回収が不可能であったダム、湖、港湾などの吹溜りのゴミも回収でき、しかも、水のアトラクションのある娯楽施設等でも周りの美観にマッチングした画期的な船となります。

水面浮遊物回収船のメリット
静止・後進回収
従来のゴミ回収船等は前進することで浮遊ゴミ等を回収していたため静止・後進状態での回収が不可能であった。
本回収船は自然の原理を応用したシステムにより、船体が静止あるいは後進状態でもゴミの回収が可能です。
吹溜りのゴミ回収
本回収船は船体が静止あるいは後進状態でもゴミの回収が可能であるため、特にダム、湖、港湾などの吹溜りのゴミも容易に回収することが出来ます。
浮遊油・微小浮遊物の回収
従来のゴミ回収船では回収することが出来なかった油流出事故による浮遊油のような液体浮遊物、大きさが非常に小さい浮遊ゴミ等や発生初期の赤潮、アオコ等、物質や大きさに関係なく浮遊しているものであれば回収することが出来ます
試作艇の映像を見る

実用技研は、水面浮遊物回収船を共に造るパートナーを募集しています!!

実用技術研究所では、水面浮遊物回収船を共に造る企業パートナーを募集しています。
ご興味のある企業様は、お電話(TEL:095-838-5007)もしくはメールにてお気軽にお問い合わせください。

  • 水面浮遊物回収船
  • 3DCAD 船舶建造支援
  • 船の設計をしませんか?
  • 造船設計の入門書
  • 耐航性能の初級本

ページの先頭へ