ビジョン1 船舶建造コンソーシアム

ビジョン1 船舶建造コンソーシアムイメージ

本研究所は、近々、小手造船業の船舶建造を支援することを目的に、データベースの共有による船舶建造支援用3D-CADシステムを構築する予定である。
このシステムを基に小手造船所、本研究所(船舶設計担当)および資材切断会社がコンソーシアムを形成すれば、小型船舶の建造における設計システムおよび生産システムの分業化と、船舶の建造効率を飛躍的に高めることができ、小手造船所の生産基盤の強化と強い競争力を持つことを可能にする。
  本研究所は、船舶建造支援用3D-CADシステムを構築し、維持発展させるとともに、コンソーシアム外の技術的情報やあるいは新技術の開発を行い、手造船所や資材切断会社をサポートしていく予定である。

「船舶建造 コンソーシアム」の概念は、次のとおりである。

  1. 小手造船所が船舶を受注し仕様を決める。
  2. 本研究所は、これまで造船所で実施されてきた所謂、基本設計、詳細設計、生産設計に関わる全てを「船舶建造支援用3D-CADシステム」で設計し、これらの設計に基づいて必要なNCデータを出す。
  3. 資材切断会社は、本研究所からのNCデータに基づいて、資材をNC切断し、造船所へ送る。
  4. 小手造船所は切断された資材をもって加工、小組立、大組立、総組立により、船舶を建造し、船主に引き渡す。

「船舶建造 コンソーシアム」は、船舶の建造に新しい手法を導入しようとするもので、今後、積極的に取り組みたいと考えている。地域に拘わらず共にコンソーシアム形成を望む会社があればご連絡下さい。

ビジョン2 新技術開発

ビジョン2 新技術開発イメージ

本研究所は設立以来、長崎総合科学大学および県工業技術センターと緊密な連携の下に、船舶設計に関する新しい技術開発に取り組んできたが、今後は、場広い新技術開発にも取り組んでいく予定である。

  • 水面浮遊物回収船
  • 3DCAD 船舶建造支援
  • 船の設計をしませんか?
  • 造船設計の入門書
  • 耐航性能の初級本

ページの先頭へ